FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
楽天 TBS株全株を売却すると発表
楽天がTBS株全株売却を発表、事実上の撤退
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000741-yom-bus_all


ついに楽天がTBSを諦めましたか・・・。

なんかまた別のこと考えてそうですけどね。


(YAHOO!ニュースより引用)
 楽天は31日、臨時取締役会を開き、筆頭株主として発行済み株式の19%強を保有するTBS株について、全株を売却すると発表した。

 TBSに買い取りを請求する。2005年10月に楽天が大量のTBS株を取得して経営統合を求めて以来、約3年半に渡る両社の攻防は、楽天側が事実上、撤退する形で決着することになった。

 TBSは4月1日付で認定放送持ち株会社「TBSホールディングス」に移行し、1株主の議決権比率が33%以下に制限され、楽天がTBSを単独で子会社化することは不可能となる。このため楽天は、TBS株を保有する意義が薄れたと判断した。

 楽天は08年12月のTBS臨時株主総会で持ち株会社化に反対し、保有するTBS株の買い取りをTBSに請求する権利を得ていた。
スポンサーサイト
2009/03/31(Tue) | 経済ニュース | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
電機業界 社員に自社製品の購入求める
電機、苦肉の“内需”喚起 自社製品購入 NECも要請
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000028-fsi-ind


どこもだいぶ切羽詰ってますね。

仮にボーナスが現物支給になったとしても、何もでないよりはいいですよね。


(YAHOO!ニュースより引用)
 電機業界で社員に自社製品の購入を求める企業が相次いでいる。パナソニックや富士通などに次ぎ、NECがグループを含む国内11万人の社員にパソコンや携帯電話などの購入を呼びかけていることが17日、分かった。世界同時不況の影響で、落ち込んでいる自社製品販売を補うとともに、危機感を共有する狙いがある。

 ≪三洋、部長級30万円≫ 

 富士通は同日業績を下方修正し、電機大手9社合計の2009年3月期の連結最終赤字はIT(情報技術)バブル崩壊後の02年3月期を上回り、過去最悪になることが確実になった。不況が深刻化すれば、ボーナスの一部を自社製品で支給する、いわゆる「現物支給」に踏み切る企業が出る可能性もある。

 NECの矢野薫社長がイントラネット(企業内ネットワーク)を通じ、社員に自社製品の購入を呼びかけた。同社は「あくまで呼びかけであって強制ではない」(コーポレートコミュニケーション部)と説明している。同社は09年3月期の連結最終損益は2900億円の赤字と3年ぶりの赤字転落を見込む。

 富士通も1月に野副州旦(のぞえ・くにあき)社長が国内グループ社員10万人に、メールで自社製品購入を促した。NECと富士通が“呼びかけ”なのに対し、“通達”という強めの表現を使っているのがパナソニックと三洋電機だ。

 パナソニックはもともと自社製品の購入を奨励してきたが、今回は「バイ・パナソニック運動」と名付け、グループの管理職社員約1万人に対し、自社製品を総額10万円以上購入するよう求めた。役員昇格手前の上級管理職(理事)の目標はさらに高く20万円以上。目標期限はボーナス商戦を挟んだ7月まで。

 三洋電機の生産子会社「三洋電機コンシューマエレクトロニクス」(鳥取県立川町)も約400人の管理職に、20万~30万円以上の三洋グループ製品を今月末までに購入するよう通達した。部長級が30万円以上、課長級は20万円以上で、一般社員も金額は設定していないが、製品購入を要請しているという。

 電機製品は数万~数十万円と社員に購入を求めやすい側面もあり、これが各社を購入要請に駆り立てているようだ。

 ≪危機意識 高める≫ 

 電機大手9社合計の今期の連結最終赤字は、富士通が従来予想に比べて300億円悪化の500億円の赤字に修正したことで、1兆9400億円の赤字に拡大し、過去最悪だった02年3月期の1兆9130億円を上回る見通しになった。1~3月期の業績次第ではさらに赤字幅が膨らみ、2兆円を超える可能性が高い。各社とも人員削減や拠点縮小などリストラ策を進めている。自社製品購入を販売の拡大や、工場の稼働率向上につなげるとともに、社員に危機意識を高めてもらう狙いがある。

 ただ、最終製品が少ないメーカーの場合、すべての自社製品を購入済みのケースも多く社員からは「何を買えばいいのか」と困惑する声も出ている。

 NECや三洋電機などはかつて管理職などを対象にボーナスの一部を自社製品で支給する「現物支給」を実施したことがある。「100年に1度」といわれる今回の不況局面で、その再現を予測する声も出ている。
2009/02/18(Wed) | 経済ニュース | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
NEC 2900億円の赤字に
NEC、2万人超の経費削減=今期純損失2900億円-半導体需要減など響く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090130-00000146-jij-bus_all


大手企業の決算はどこも厳しいみたいですね。

人員削減だらけで、失業者がかなり増えるような気がしますが・・・。


(YAHOO!ニュースより引用)
 NECは30日、世界的な景気後退に伴う半導体需要の急減などから、2009年3月期(今期)の連結純損益が従来の150億円の黒字予想から一転、2900億円の赤字に陥る見込みになったと発表した。赤字幅は過去2番目の規模。これを受け、10年3月末までにグループ全体で2万人超分の人件費に相当する経費を削減する。子会社2社が既に合計で1万人超の削減計画を発表しており、新たに正社員550人程度の削減を含め約1万人分の経費カットを追加することになる。
 子会社のNECトーキンが海外で9000人、国内で450人の正社員を削減し、NECエレクトロニクスは国内で1200人の派遣社員を減らす計画を既に公表している。
 新たに正社員は内外で550人程度を削減する見通し。正社員以外については、これまで外部の協力会社に発注してきたソフトウエアを社内開発に切り替えることによる、外部人員の削減効果が大半を占めるという。
2009/01/30(Fri) | 経済ニュース | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。