スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
楽天・田中将大投手が書類送検!
田中将大投手が書類送検 自動車運転過失傷害で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120207-00000101-spnannex-base


結婚が決まって幸せ絶頂のマー君。

去年のこの事故、結局書類送検されてしまったんですね。

安全第一でお願い致します。


(YAHOO!ニュースより引用)

仙台東署は7日、昨年12月に乗用車を運転中、自転車の女性をはね、けがを負わせたとして、自動車運転過失傷害の疑いで、楽天の田中将大投手(23)を書類送検した。

送検容疑は、昨年12月14日午前11時50分ごろ、仙台市宮城野区の市道で乗用車を運転中、自転車に乗っていた同区の女性(56)をはね、腰椎にひびが入るなど3カ月のけがをさせた疑い。

現場は、信号機のない見通しの悪い交差点。田中はクリネックススタジアム宮城(仙台市)に練習に向かう途中だった。

スポンサーサイト
2012/02/07(Tue) | スポーツ | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Amazon リアル店舗に進出か!?
Amazon、ついにリアル店舗へ―シアトルにKindleストアを準備中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120207-00004307-techcr-sci


リアル店舗でKindleを売るのでしょうか?

要は、書店ではなく、アップルストア的な感じになるんでしょうねぇ。

いずれにせよ、出版業界や既存の本屋にとっては脅威の存在となりますね。


(YAHOO!ニュースより引用)

GoodEReaderによれば、 Amazonは今年シアトルにリアル店舗をオープンさせる計画だという。この店舗ではAmazon独自発行の書籍、全種類のKindleが販売される。Amazonのすべてを結集した巨大店舗というわけではなさそうで、むしろアンテナショップのようなものらしい。しかし私が出版業界の人間だったら青くなって防衛策を考え始めるところだ。

公平に言えば、Amazonの独自出版はこれまでかなり不安定な成績だった。もちろん一部にはまぐれ当たり的な成功もあったし、Seth GodinとTim Ferrisという2人のベストセラー著作家がAmazonから出版してくれることになっている。しかし出版業界が本当に恐れるべきなのはそういう話ではない。

KindleはAmazonそのものの具現化だ。Amazonがその存在をオンラインから現実世界に移しかえたデバイスである。たとえ小さくてもそのKindleを売る店がショッピングモールなどの一角に姿を表すことは第3の波となる。当初からKindleは大成功を収めているが、リアル店舗はそれでもまだKindle効果が及ばんでいない部分を効果的に埋めることになる。つまり、老人、偏屈者、不平屋、Kindleに触りもしないで「本はやっぱり紙だ」などと言っている連中だ。ぶらりと店に入ってきて各種のKindleを試し、最新のスティーブン・キングの小説はKindleでしか読めないと知れば、そういう連中もこれからはデジタル化が必然なのだと悟るに違いない。

これによって従来のエージェント-版元-流通業者という現在の出版のビジネスモデルを消費者に直接販売するAmazonモデルへと変える動きが加速されるだろう。著作家志望者に自分の本がスマートなKindle版ですぐにでも販売できるということを見せれば、そうした人々は大手出版社から門前払いを食わされるのを繰り返すのを止めてAmazonに助けを求めることになる。そういうことは現実のショップがなくても明らかな話だが、古い習慣というものはなかなか消えてなくならないものだ。

前に私はKinlde FireはAmazonの「トロイの木馬」だと書いた。しかし、Amazonは大衆がAmazonのオンライン市場でKindleを買うのを待つだけてなく、積極的に店を開いてこの「木馬」を消費者のポケットに送り込もうとしているようだ。

このショップはシアトルに数ヶ月以内にオープンするらしい。その後同様のショップが全国展開されるとよいと思う。Amazonにとってはかなりの赤字になるかもしれないが、頑固な守旧派にeブックこそが将来だということを教育するにはこの上ない助けとなるだろう。

2012/02/07(Tue) | 海外ニュース | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
オセロ中島ついに番組降板!
オセロ中島 「知っとこ!」司会降板決定 松嶋は続投
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120207-00000004-spnannex-ent


噂では占い師が一枚噛んでいるとのことですが。

宣材でよく使われている写真と太った写真比べると別人ですね。

復帰はあるんですかねぇ。あったとしても岸部四郎的な扱いになりそうな気がしますね。


(YAHOO!ニュースより引用)

 芸能活動を長期休養している「オセロ」の中島知子(40)が相方の松嶋尚美(40)とと司会を務めていたレギュラー番組のTBS系「知っとこ!」(土曜前8・00)を3月いっぱいで降板することが決まった。

 中島は同番組に体調不良を理由に昨年4月から出演していなかった。松嶋はそのまま番組に残り、新たな司会者も内定している。

 中島は現在、東京都渋谷区の高級マンションで女性と同居。所属事務所や家族と連絡が取れない状況が続いている。番組関係者は「理由があいまいなままこれ以上、司会者を長期休養させることはできない。事務所も本人と連絡が取れず改善の見込みもないのだから、降板はやむを得ない」としている。

 「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ)などほかのレギュラー3番組は「休養扱い」のまま処遇は決まっていない。

2012/02/07(Tue) | エンターテインメント | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。